精液検査

精液検査の結果が悪かったらどうすればいいの?-再検査?治療や手術って?

更新日:

 精液検査を受けてみると、結果が思わしくなく、どうすればいいのか路頭に迷うこともあると思います。
 ここでは私自身の経験談を元に、「精液検査の結果が悪かった場合」のケースをお話したいと思います。

郵送の検査キットの結果が悪かった場合


 まず、精液検査は病院でも受けられますし、郵送の精液検査キットもあります。
 もし、病院ではなく、郵送の精液検査キットでの結果が悪かった場合、病院に足を運ぶことをおすすめします。病院で再検査も必要ですし、今後の相談もできます

 訪れる病院ですが、結婚している場合には産婦人科の「不妊外来」でも受け付けてもらえますが、男性一人で足を運ぶのは難易度が高いですよね。そのような場合には、泌尿器科のうち、「ED」などを扱う「男性不妊外来」で診てもらうのがいいでしょう。泌尿器科すべてで男性不妊や精液検査を行っているわけではないので、まずはHPで確認してみて下さい。

手術が必要になるケースがある


 私の場合、精索静脈瘤だったので手術を受けることになりました
 その他、閉塞性無精子症(精管が詰まっている状態で精子が限りなく少ない)や逆行性射精(精液が膀胱に流れ込んでしまう)場合などは手術が選択されます。

薬での治療となるケースもある


 膿精液症(精液の中に白血球があるために精子の運動率が悪い)などでは抗生物質が処方されるケースがあります。
 また、精子の数や精液が少ない場合には漢方薬やビタミン剤、場合によってはホルモン剤での治療となることもあります。

人工授精、体外受精、顕微鏡受精の可能性


 もし子供を望むのであれば、精子の数が少なくても人工授精(子宮に精液・精子を流し込む)体外受精(取り出した卵子に精子を振りかける)顕微鏡受精(卵子に精子を注入する)という選択肢があります。私の場合、精索静脈瘤手術をしたものの、数値が極端に良くなることはなかったので、これらすべてを経験しました(まだ子供はできませんが…)。しかも婦人科の先生も楽観的で、「今は顕微鏡受精もあるから」と、気楽に言ってくれたものです。
 私の場合、精索静脈瘤で精子の数が少なかったわけですが、造精機能障害(精子を作り出す機能に問題があること)で、無精子症(精子が一匹もいない状態)、乏精子症(精子の数が少ない)、精子無力症(精子の運動率が悪い)でも、精巣に精子が存在していれば顕微鏡受精の可能性が残されています

精液検査の結果が悪ければまずは医師に相談

精液検査の結果が悪かったら医師に相談。今は様々な可能性がある

 精液検査の結果が悪かったらまずは泌尿器科(男性不妊)や産婦人科(不妊外来)に足を運びましょう。今は薬や手術などの治療や、高度不妊治療など、様々な可能性がありますから、一人で悩まず、医師と相談してみるのがいいでしょう。

精液検査を郵送で受けるなら


 精液検査を受けるなら郵送で検査&メールで検査結果が分かるベビーライフ研究所がおすすめです。
 最安2,680円で精液の量・精子の数を知ることができます。

-精液検査
-, , , , , , , , ,

Copyright© 精液検査とは? , 2020 All Rights Reserved.