精液検査

自宅で採精するのってどんな感じ?

更新日:

 精液検査や人工授精、体外受精となると、「採精」というものが必要になります。精液を容器に採る作業です。

病院に採精室(メンズルーム)があるケースも


 こちらにもまとめていますが、病院には「採精室(メンズルーム)」と呼ばれる個室があることもあります。
「あることもある」という言い方をするのは、この「採精室(メンズルーム)」がない病院もあるためです。実際私たち夫婦が通った婦人科(人工授精までできる)にもこのような部屋はありませんでした。逆に泌尿器科の男性不妊外来や体外受精・顕微鏡受精で通った婦人科には採精室がありました。
 採精室がなかったり、採精室を使いたくない場合には自宅で採精することになります。

自宅で採精する場合


 自宅で採精する場合は、病院で指導を受けることになります。ですから、ここに書いてあることよりも、病院での指示を最優先して下さい。

容器について

 まず、容器についてです。私の場合、5~6cmのプラスチック容器がほとんどでした。とある病院だけ、プラスチック容器のフタが外れやすいことがあって、病院からも「傾けずに持ってきて下さい」と言われたことがあります。
 郵送の精液検査キットはフリーザーパックのようなビニール袋でした。
 基本的にこのプラスチック容器にシールを貼ることが多いです。不妊外来で使用することが多いのですが、妻の名前を書くことが多いです。
 採精容器以外に封筒があることもありました。

時間について

 次に時間です。病院に提出する○分前に採精して下さいという指示を受けます。体外受精のときは30分以内に病院に提出と言われていました。人工授精のときも1時間くらいだったと思います。
 ここから逆算して採精する時間を決めます。

方法について

 採精するときはキレイに洗った手で行います。口やコンドームはNGと指導されました。厳しいところではシャワーを浴びてからと指導される病院もあるとのことです。
 私の場合、妻が手伝ってくれることが多いです。ネットを見てみると、奥さんとは別室やトイレで採精する方も多いようですね。この辺りはそれぞれご夫婦の判断で、というところだと思います。

提出について

 病院に提出する場合、「人肌程度にあたためておくように」と指導を受けることがほとんどだと思います。我が家の場合、私が仕事で妻が病院に持っていく、ということが多いのですが、妻は精液を入れた容器をタオルに入れていくことが多いです。私が車で送っていけるときはタオルに入れた上で、洋服の中に入れて温めていることが多いです。
 ホッカイロ等は温かすぎるのでNGのようです。

受付の様子について

 ちなみに提出するときの話を妻に聞いてみると、とある病院では受付で話が通じてすぐに提出できるものの、他の病院では受付で話が通じずに恥ずかしい思いをした経験がある、とのことでした。私自身、泌尿器科で採精した容器を提出したことが数回ありますが、基本的に話は通じるよう配慮されていると思います。

プレッシャー等で精液検査の結果は変動する

 例えば寝起きで無理して精液を出したり、気乗りしないときに採精すると、検査結果が悪いこともあります
 他にも禁欲期間で精液の状態は異なります。1度の精液検査の結果が悪くても、2回目で劇的に変わるケースがあります。

自宅での採精についてまとめ

採精は病院の指導をよく聞くこと

 採精する際は病院から指導されますから、心配することはないでしょう。時間厳守、清潔第一です。

精液検査を郵送で受けるなら


 精液検査を受けるなら郵送で検査&メールで検査結果が分かるベビーライフ研究所がおすすめです。
 最安2,680円で精液の量・精子の数を知ることができます。

-精液検査
-, , ,

Copyright© 精液検査とは? , 2020 All Rights Reserved.