人工授精 体外受精 精液検査 顕微鏡受精

精液検査で所見あり…もし顕微鏡受精まで進んだら、一体お金はどのくらい必要なの?

投稿日:

 精液検査を受けるのが怖い、と感じている理由の一つが「その後どうなるのかが分からない」ということではないでしょうか。

精液検査の後は治療や手術、高度不妊治療に進む可能性がある


 こちらに詳しくまとめましたが、精液検査に所見が見られた場合、以下のような治療となることがあります。

・再検査
・治療(薬や手術など)
・(タイミング療法)
・人工授精
・高度不妊治療(体外受精や顕微鏡受精)

 精子の数や女性(妻)の年齢や状態によって、例えば人工授精を飛ばして高度不妊治療に進むケースもあります。
 では、それぞれの「値段」を見てみましょう。

再検査について


 精液検査で問題が見られた場合、再検査になることが多いです。「問題がある」ということは「治療の一貫」になる可能性が高いので、保険適用となることが多いです。
 この場合、数千円もかからずに検査をすることができます

手術や治療について


 私の場合ですが、再検査をした結果、数値に問題がありましたので、精索静脈瘤の手術となりました。保険適用でしたので、数万円で済みました
 保険適用であれば、入院するとなっても高額療養費制度がありますから、1ヶ月の治療費が10万円以上になる、ということはないです。
 ただ、私の場合には、「精子の数が少ないのは遺伝的な問題があるのではないか。遺伝的な問題があれば手術をしても精子の数は増えない」ということで、手術「前」にたくさんの血液検査を行いました。これが保険適用外だったため、別途数万円飛びました…
 前述のように、「高額療養費制度」がありますから、保険適用内の治療・手術であれば、1ヶ月で最高でも約9万円です(年収による)。「手術費が心配だから、精液検査もやめておく」という値段ではないでしょう。

妊活・不妊治療関係

タイミング療法


 私は経験がないのですが、「精液検査の所見がそれほど悪くない(自然妊娠は可能な数がある)」かつ「女性(妻)の年齢が高くなく、大きな問題も見られない」場合にはタイミング療法に進むことがあります。
 タイミング療法とは、産婦人科(婦人科)に通って基礎体温表(女性が付ける、朝一番の体温を記した表)や卵子の状態を超音波で測り、絶好のタイミングで性交するよう指導されるものです。
 主に産婦人科や婦人科での指導になり、男性は通う必要はほぼありません
 また、基本的に保険適用となりますから、費用も安く済みます。1回の周期(約1ヶ月)で1万円もかからないケースが多いのではないでしょうか。
 タイミング療法に関しては、4~5回、多い病院では10回(約1年)ほど指導され、それでも授からない場合にステップアップするケースが多いです。

人工授精について


 精子の数が少なかったり、私のように手術をしても精子の数が増えなかった場合、人工授精にステップアップする可能性があります。
 人工授精は保険適用外になります。とはいえ、高度不妊治療と比較するとかなり安く、人工授精をするのに1~2万円、他に通うのを含めても1回の周期(約1ヶ月)で2~4万円程度に収まることが多いでしょう。
 人工授精は4~6回程度チャレンジし、それでも授からない場合には高度不妊治療へとステップアップすることが多いです。
 また、人工授精は「高度不妊治療」ではないので、助成金の対象ではないのですが、一部の自治体ではこの「人工授精」も「助成金」の対象になっているケースがあります。お住まいの自治体の「不妊治療+助成金」で調べてみるといいでしょう。

高度不妊治療(体外受精・顕微鏡受精)について


 人工授精でも妊娠に至らなかった場合や精子の数が少ない場合には高度不妊治療(体外受精・顕微鏡受精)へとステップアップします。高度不妊治療こそが「不妊治療がお金がかかる」イメージの大元だと思います。
 まず、助成は高度不妊治療を受ける前に、フーナーテストや卵管造影検査など、聞き慣れない、専門的な検査を受けることになります。一部は自費の検査もあり、すべて受けると5~10万円ほどかかります。ここでも男性が病院に通うことはありません。血液検査(性病検査)が必要な場合のみです。
 検査が終わったら女性は身体を作るために、薬を飲んだり、自己注射をすることとなります。病院や使う薬や注射の方法によっても異なりますが、5万円以上と考えてもいいでしょう。
 そして採卵。卵子を採る「手術」です。採卵した日に体外受精(精子を卵子に振りかける)か顕微鏡受精(卵子に精子を注入する)のですが、これで20万円以上かかるのがザラです。顕微鏡受精の場合、体外受精費用+5~10万円となります。
 受精卵になったら凍結をします。凍結代も数万円、女性の身体に戻すための「融解」をするのに数万円かかります
 ここまでの流れで1回40~50万円、クリニックによっては100万円近くかかることもあります。
 とはいえ、諸条件(回数や年齢)がありますが、助成金(15~30万円)があります。初回に50万円かかり、30万円の助成金があれば20万円で済みますし、確定申告もすれば更にいくらか戻ってきます。

お金が本格的にかかるのは高度不妊治療から

精液検査に所見があっても、ある程度の治療までは「安い」

 精液検査に問題があり、手術するとなっても高額療養費制度があるため、1ヶ月の医療費の上限は9万円程度です(年収による)。
 タイミング療法、人工授精と進んでも数万円程度の出費で済みます。
 高度不妊治療の場合、50万円以上になるケースもありますが、助成金の対象となっていれば数十万円戻ってきます。

精液検査を郵送で受けるなら


 精液検査を受けるなら郵送で検査&メールで検査結果が分かるベビーライフ研究所がおすすめです。
 最安2,680円で精液の量・精子の数を知ることができます。

-人工授精, 体外受精, 精液検査, 顕微鏡受精
-, , , , ,

Copyright© 精液検査とは? , 2020 All Rights Reserved.