性病検査

性病検査はどれを受ければいいの?郵送キット15セット比較&おすすめ紹介

更新日:

 性病検査を受けようと考えても、どこで受ければ良いのか、どれを選べばいいのか分からないですよね。
 ここでは性病検査に関してまとめました。

性病検査は病院でも受けられる


 性病検査は病院でも受けられます。女性であれば産婦人科や婦人科で受けられます。男性も診察している婦人科もありますが、なかなかハードルが高いですよね。婦人科に行く場合には、女性と一緒に受けられる(カップルで受けられる)「ブライダルチェック(結婚前等に性病や身体に問題がないか調べるもの)」を受診するのがスムーズだと思います。

 男性のみで受診したい場合、泌尿器科で受けるのがベストだと思います。
 値段に関しては自覚症状がある場合(かゆみなど)は保険診療(3割負担)になりますが、ブライダルチェックなど検査が目的の場合、自由診断(全額自費)となるケースがほとんどです。

郵送の性病検査キットもある


 近くに泌尿器科がない場合や泌尿器科で性病検査をやっていない、もしくは泌尿器科に行く時間がないという場合には郵送で受けられる性病検査キットがおすすめです。
 郵送のキットは企業から送られてくるキットで血液や尿、もしくは喉の粘膜などを採取し、返送することで、後日検査結果が郵送やメールで届くという仕組みです。
 検査項目により値段も幅広くなりますが、病院で自由診療で性病検査を受けた場合と比較しても目が飛び出るほど高い、というわけではない(むしろ病院の自費診療の方が高くなるケースもある)ので、選択肢の一つとなるのではないでしょうか。

郵送の性病検査キットの選び方は?


 郵送の性病検査キットの場合、重要なのは「検査項目」と「費用」になります。

郵送の性病検査キットの「検査項目」について

 例えば「かゆみ」「腫れ」「痛み」などの症状が既にある場合には、それぞれの症状に関連する性病検査キットを使います(「かゆみ」があればクラミジアやカンジタが分かる性病検査キットを。ただし、性病検査キットでは薬は買えないので、自覚症状があれば泌尿器科で検査→薬を処方してもらった方が結果的には安上がりになります)。
 自覚症状がなく、例えば結婚前に自分の身体をチェックしておきたい(ブライダルチェックの意味)であれば、検査項目は多いことに越したことはありません。ただ、費用にも限りがあるでしょうから、優先順位も必要かと思います。
 個人的に優先順位を付けるのであればHIV=梅毒>B型肝炎(重篤化しやすい)>クラミジア(男性に多く、自覚症状がない。女性に感染ると不妊の原因に)>淋病(激しい痛みや膿)、この辺りが必須だと思います。
 余裕があればC型肝炎(日本人の100人に1~2人の割合とも言われる)、トリコモナスカンジタ(メジャーな性病)、更に余裕があればマイコプラズマ(感染しやすい。妊娠中の感染は早産や流産の危険性)辺りまで検査をできるとベストだと思います。

郵送の性病検査キットの「費用」について

 下記の表にまとめていますが、郵送の性病検査キットの費用はピンきりです。
 基本的にどの性病検査キットを用いても検査結果が変わることはありませんから(陽性か陰性しかありません)、自分が受けたい検査項目が全て受けられるもので、一番安い検査キットを選んでいいでしょう。
 

性病検査キット比較表

 郵送できる性病検査キットのうち、7社のキットを比較しました。
 おすすめ3キットは表の下にまとめています。
※スマートフォン等ですべて表示できない場合、ブラウザの機能で「PC版サイト」に切り替えて下さい。


企業 セット名 費用 検査方法 HIV 梅毒 B型肝炎 クラミジア 淋菌 備考

予防会
男性セットA 10,800円(税込) 尿/血液 喉セット有り
男性セットB 9,160円(税込) 尿/血液 × 喉セット有り
男性セットC 5,150円(税込) 尿 × × × 喉セット有り
マイコプラズマセット有り
咽頭(のど)セット 5,150円(税込) × × ×


あおぞら研究所
フルセット(15種) 39,000円(税別) 尿/血液/皮膚/喉 他:C型肝炎、トリコモナス、カンジタ、マイコプラズマ、ウレアプラズマ
喉:クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマ
皮膚:カンジタ
単体キット有り
血液検査セット男女共通 10,000円(税別) 血液 × × 他:C型肝炎
尿4種セット 15,000円(税別) 尿 × × × 他:マイコプラズマ、ウレアプラズマ


さくら検査研究所
8項目検査 13,800円(税込) 他:C型肝炎、トリコモナス、カンジタ
6項目検査 10,200円(税込) × 他:トリコモナス、カンジタ


性病検査 STDチェッカー
タイプU 21,870円(税込) 尿/血液/喉 他:マイコプラズマ、ウレアプラズマ、C型肝炎
喉:クラミジア、淋病
タイプE 9,936円(税込) 尿/血液 単体キット有り


ふじメディカル
9項目(男性用) 12,000円(税込) 尿/血液 他:トリコモナス、カンジタ、C型肝炎
6項目(男性用) 9,000円(税込) 尿/血液 × 他:トリコモナス、カンジタ


【GME医学検査研究所】
性病検査8項目 11,880円(税込)~ 尿/血液/表皮擦過物 他:C型肝炎、トリコモナス、カンジタ
のどタイプ有り
性病検査6項目 9,300円(税込)~ 尿/血液/表皮擦過物 × 他:トリコモナス、カンジタ

当サイトのおすすめ郵送性病検査キットは?

値段と検査項目のバランスがいいのが「ふじメディカル 9項目(男性用)」


 最も値段と検査項目のバランスがいいのがふじメディカルの9項目(男性用)です。主要5項目(HIV、梅毒、B型肝炎(抗原と抗体で2項目扱い)、クラミジア、淋菌)に加え、性病でメジャーなトリコモナス、カンジタそれにC型肝炎の検査が可能です。表をみると分かる通り、同じ検査項目でも1割ほど高いキットもありますから、ふじメディカルがバランスがいいのがお分かりいただけたかと思います。
 検査結果はメールと郵送から選ぶことができ、最短2日で検査結果を知ることができるのも強みと言っていいでしょう。
 

受けるのであれば全部知りたいというのであれば「あおぞら研究所 フルセット(15種)」


 どうせ性病検査を受けるのであればすべてを知りたい、という方におすすめなのが「あおぞら研究所のフルセット」です。
 正直値段は高いです。これだけの項目を受けるのであれば病院の方が安くなる可能性すらあります。ただ、「喉」「皮膚」まで検査できるのは魅力的です。私自身、病院で性病検査を何回か経験したことはありますが、喉や皮膚まで検査されたことはありません。自覚症状がない限り、ここまで調べられることがないのでしょう。
 また、マイコプラズマ、ウレアプラズマも一緒に調べられますから、他の検査キットと併用するのがめんどくさい、という方にもあおぞら研究所のフルセットはおすすめです。

女性と一緒に。カップルで性病検査を受けたいのであれば「GME医学検査研究所」



 最後におすすめしたいのが【GME医学検査研究所】です。
 表には載せていませんが、【GME医学検査研究所】にはカップル向けの性病検査キットがあります。男女で一緒に検査を受ける、という性質のものです。
 男女で性病検査を受けるのはメリットがあります。男女どちらかが病気を持っていた場合、行為をすると病気が行き来してしまうため、同時に治療をしなければなりません。その大前提として同時に性病検査することが大切です、
 また、男女どちらかだけが病院に行って、どちらかは病院に行かないとなると不公平感があります。性病検査キットがあれば同時に受けられるので、どちらかが受けない、という事態にはなりません
 また、ブライダルチェックの意味合いを込めて、結婚前や同棲開始時に一緒に性病検査を受ける、となったときも、このような「カップル向け」の性病検査キットがあると、半ば「強要」ではありますが、検査をすることができます
 男女ペアであれば、性病検査8項目男女ペア(エイズ・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋菌+C型肝炎・トリコモナス・カンジダ)で21,380円~なので、オトクに性病検査を受けることができます。

精液検査を郵送で受けるなら


 精液検査を受けるなら郵送で検査&メールで検査結果が分かるベビーライフ研究所がおすすめです。
 最安2,680円で精液の量・精子の数を知ることができます。

-性病検査
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 精液検査とは? , 2020 All Rights Reserved.